鹿児島・渡辺バークシャー黒豚

「あしたや」「はらっぱ」で好評の鹿児島黒豚を改めてご紹介します。 私たちがこの黒豚を扱い始めてちょうど10年が経ちました。 今では、店にとってはなくてはならない大切な商品で、お客様にも本物の鹿児島黒豚の美味しさがすっかり定着してきました。

その昔、鹿児島ではどこにでもいた鼻が短くあごのしゃくれた「鼻ぺしゃバークシャー」ですが、現在は飼われている頭数も激減しているようです。 この純粋黒豚はキメが細かく、肉質が大変良いのですが、発育が遅く、産子数が少ないので、飼育者に敬遠されがちなためです。

その状況の中で鹿児島渡辺バークシャー牧場では、昔ながらの方法で飼うことで、黒豚本来の美味しさを引き出す努力を続けています。 本物の黒豚は育てる姿勢が大切、との考え方から、多頭飼育でなく開放豚舎で餌にもこだわった結果、桜色の肉と旨みのある真っ白な脂肪の良質な豚肉が提供されるのでしょう。

一度お求めいただいた方には“豚肉を食べなかった家族が喜んで食べている…”と嬉しいコメントもいただいています。 2004年には、あしたや共働企画のスタッフで生産者研修で鹿児島まで出かけ、健康にのびのびと放牧されている黒豚たちを見てきました。 信頼できる生産者とのつながりをこれからも大切にしていきたいと考えています。まだお試しでない方には自信をもってお勧めしたい商品です!

●ロース ●肩ロース ●ばら ●もも ●かた ●切り落とし ●ひき肉(200g~) 

その他 ヒレやスペアリブもご注文に応じます。 レバー、タン、腸、トントロなど内臓類も扱っています。

最新記事

すべて表示

北海道士別イナゾーファームの赤く輝く中玉トマト

毎年、その季節になると入荷を心待ちにする農産品があります。 北海道士別で栽培されているイナゾーファームの中玉トマトもそのような商品です。 イナゾーファームとあしたやのつながりは、私たちらしい出会いの中で始まりました。 今から9年前に、北海道士別市多寄町の若き農業者、谷寿彰さんと引き合わせて下さった農家の方がいました。あしたやの長年のお客さまだと記憶にあるかもしれませんが、当時、美味しいカボチャと小

「発酵」ってどんなこと?

今の時代は体に良いことが特に大切にされますね。 昔からの知恵で発酵させた食品は日本だけでなく世界各地にあります。 明確な起源は定かではないようですが、発酵食品が生まれたのは、歴史上、食品を保存するためからだったともいわれています。 発酵とは「微生物の生命活動」のことです。微生物はでんぷん質やたんぱく質を餌として分解していきます。その中で人間が食べられるものを「発酵」とよび、そうでないものを腐敗と言