生鮮野菜のない時のひと工夫

今年の冬は本当に雪が多かったですね。記録的な降雪量で、いまだに野菜の出荷不足や価格の高騰など、その影響が残っています。 日々の暮らしに野菜は欠かせませんが、生鮮品が品薄の時には保存食としての乾物などの活用で、食卓を豊かにする工夫をおすすめします。

原木干ししいたけ(山形・月山)30g 300円 乾燥えのき(新潟)大:525円 小:210円 五島三菜:干大根、干にんじん、ひじき(長崎)346円 有機千切りごぼう(広島)525円 鈴木農園(茨城)切干大根、割り干し大根 160円 乾燥きくらげ(福島:西会津)300円

水で戻して、煮物やサラダに! 野菜のエキスがぎゅっと凝縮しているので良いお味がでます。 ・ホーちゃんの乾燥えのきを戻し、玉ねぎ、ひき肉とめんつゆで煮ます。卵でとじて、玉子丼!甘めに味つければお子様にも喜ばれます。

・山形の干ししいたけを油揚げ、鶏もも、こんにゃくと煮て、炊き込みごはん!やさしくて深い味わいです。

ゆいまーるパンについて 3/11(火)より価格変更となります。開店以来、ずっと価格を据え置きできましたが原材料の高騰などによりやむを得ず値上げします。ご理解いただき、引き続きよろしくお願いいたします。

最新記事

すべて表示

寧楽共働学舎のベーコンとソーセージ

今月は北海道の大地が育んだ味、寧楽(ねいらく)のベーコンとソーセージをご紹介します。寧楽共働学舎は北海道留萌郡の自然豊かな所にあります。ドイツでソーセージ作りを学んだスタッフと共に、障がいがある無しに関わらず、豚を飼育する所から皆で丁寧に作っています!

新品種も続々、色んなりんご届きます!

夏休みもなんだか静かに終わり、あっという間に9月になってしまう気がします。 マスクの夏も2年目……まだまだ暑い日も続き、熱中症に気をつけるのはもちろんですが、涼しくなるころもいろんな疲れが出やすいと言われています。体調を崩さないよう気をつけたいところですね。 この季節は旬のくだものが楽しみです。夏から始まり、来春まで長い期間届くフルーツの多くは、長野県三水の「山下フルーツ農園」から届いています。主