生鮮野菜のない時のひと工夫

今年の冬は本当に雪が多かったですね。記録的な降雪量で、いまだに野菜の出荷不足や価格の高騰など、その影響が残っています。 日々の暮らしに野菜は欠かせませんが、生鮮品が品薄の時には保存食としての乾物などの活用で、食卓を豊かにする工夫をおすすめします。

原木干ししいたけ(山形・月山)30g 300円 乾燥えのき(新潟)大:525円 小:210円 五島三菜:干大根、干にんじん、ひじき(長崎)346円 有機千切りごぼう(広島)525円 鈴木農園(茨城)切干大根、割り干し大根 160円 乾燥きくらげ(福島:西会津)300円

水で戻して、煮物やサラダに! 野菜のエキスがぎゅっと凝縮しているので良いお味がでます。 ・ホーちゃんの乾燥えのきを戻し、玉ねぎ、ひき肉とめんつゆで煮ます。卵でとじて、玉子丼!甘めに味つければお子様にも喜ばれます。

・山形の干ししいたけを油揚げ、鶏もも、こんにゃくと煮て、炊き込みごはん!やさしくて深い味わいです。

ゆいまーるパンについて 3/11(火)より価格変更となります。開店以来、ずっと価格を据え置きできましたが原材料の高騰などによりやむを得ず値上げします。ご理解いただき、引き続きよろしくお願いいたします。

最新記事

すべて表示

北海道士別イナゾーファームの赤く輝く中玉トマト

毎年、その季節になると入荷を心待ちにする農産品があります。 北海道士別で栽培されているイナゾーファームの中玉トマトもそのような商品です。 イナゾーファームとあしたやのつながりは、私たちらしい出会いの中で始まりました。 今から9年前に、北海道士別市多寄町の若き農業者、谷寿彰さんと引き合わせて下さった農家の方がいました。あしたやの長年のお客さまだと記憶にあるかもしれませんが、当時、美味しいカボチャと小

「発酵」ってどんなこと?

今の時代は体に良いことが特に大切にされますね。 昔からの知恵で発酵させた食品は日本だけでなく世界各地にあります。 明確な起源は定かではないようですが、発酵食品が生まれたのは、歴史上、食品を保存するためからだったともいわれています。 発酵とは「微生物の生命活動」のことです。微生物はでんぷん質やたんぱく質を餌として分解していきます。その中で人間が食べられるものを「発酵」とよび、そうでないものを腐敗と言