生鮮野菜のない時のひと工夫

今年の冬は本当に雪が多かったですね。記録的な降雪量で、いまだに野菜の出荷不足や価格の高騰など、その影響が残っています。 日々の暮らしに野菜は欠かせませんが、生鮮品が品薄の時には保存食としての乾物などの活用で、食卓を豊かにする工夫をおすすめします。

原木干ししいたけ(山形・月山)30g 300円 乾燥えのき(新潟)大:525円 小:210円 五島三菜:干大根、干にんじん、ひじき(長崎)346円 有機千切りごぼう(広島)525円 鈴木農園(茨城)切干大根、割り干し大根 160円 乾燥きくらげ(福島:西会津)300円

水で戻して、煮物やサラダに! 野菜のエキスがぎゅっと凝縮しているので良いお味がでます。 ・ホーちゃんの乾燥えのきを戻し、玉ねぎ、ひき肉とめんつゆで煮ます。卵でとじて、玉子丼!甘めに味つければお子様にも喜ばれます。

・山形の干ししいたけを油揚げ、鶏もも、こんにゃくと煮て、炊き込みごはん!やさしくて深い味わいです。

ゆいまーるパンについて 3/11(火)より価格変更となります。開店以来、ずっと価格を据え置きできましたが原材料の高騰などによりやむを得ず値上げします。ご理解いただき、引き続きよろしくお願いいたします。

最新記事

すべて表示

春 新しい出会いがあります!

新型コロナウイルス感染症の見通しも持ちにくい状況が続いています。皆様におかれては気をつけながらの日々もお過ごしではないでしょうか。 そのような人間界での異変に関わらず、自然は確かに巡って春になります。4月は新たな出会いの季節でもあります。あしたやで扱う新顔をご紹介します。 ◆三重県四日市 NPO法人 呼夢・フレンズ 手作り餃子 あしたやと同じように「共に働く」ことを掲げている事業所です。 自分たち

春の柑橘をお楽しみください!

新型コロナ感染症の収束も厳しい状況が続いています。 皆さまにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか。 季節も三寒四温の言葉のように春までは行きつ戻りつを繰り返しながら、でも春はもうすぐそこに来ています。 人間世界の様々な困難の中でも、自然は確かにめぐってくれることに改めて感謝の念が起きてきます。 畑にはフキノトウがたくさん出ています。梅の花もほころび始めます。 季節の恵みの果物も「あしたや」と「は

多摩市内に3店舗

あしたや

自然食品と雑貨の店 〒206-0024 多摩市諏訪5-6-2-102
TEL/FAX 042-376-1465

あしたやみどり

古本と手づくり雑貨 〒206-0024 多摩市諏訪5-6-3-101
TEL/FAX 042-372-3690

はらっぱ

リンク&ショップ 〒206-0025 多摩市永山1-5 ベルブ永山3階
TEL/FAX 042-337-6786

Please reload

NPO法人あしたや共働企画

 

ハンディを持つ者も持たない者も、地域の中で共に生き、共に働くことのできる社会の実現を目指して、東京都多摩市に3つのお店を運営しています。

Copyright Ashitaya. All rights reserved.

  • White Twitter Icon
  • White Facebook Icon