top of page

本物の牛乳? それはどんな牛乳でしょう?

「あしたや」「はらっぱ」ではできるだけ体に良い商品を揃えたいと考えています。

あしたやが始まってからずっと扱っているのが東毛酪農業協同組合の「みんなの牛乳」です。

これは消費者と組合、そして生産者が力を合わせて作り上げた搾りたての生乳に近い本物の味がする牛乳です。飲み口は濃厚なのに、後味はすっきり、嫌な臭いもなくお腹にも優しいのです。その秘密は原料である生乳の品質と殺菌温度にあります。

今から27年前、東京の消費者グループの代表の方からの「ドイツから帰国して以来子供たちが牛乳を飲めなくなった…。何とか搾ったままの生乳の良さを生かした安全な低温殺菌牛乳を作ってほしい」という要望に応え、低温殺菌牛乳の開発をしてきました。

その先駆けとなる活動の結果、今ではスーパーにも当たり前に置かれるようになりました。これがあしたやに届く「みんなの牛乳」です。

今の日本では120~130℃2秒加熱した超高温殺菌が主流ですが、この殺菌法だと乳酸菌などの有用菌も死滅してしまいます。

これに対し有害な菌だけ殺菌し体にとって有効な状態を残した、より自然に近い状態で飲めるのが低温殺菌牛乳です。低温殺菌にも温度や時間の種類もありますが、東毛酪農では一番自然に近いとされる63℃30分の殺菌法です。

健康な牛から搾られる菌数も少ない原乳があってこそできる処理法です。また脂肪球をすり潰さないノンホモジナイズドも実現しました。本物の牛乳と言われるゆえんです。ぜひこれからも引き続きお飲みください。

最近、酪農家が減少したことで原乳の調達が難しくなり、緊急でバターを輸入する動きが報道されていますが、東毛酪農でも原料不足で厳しい状態となっています。全酪バターの製造を中止せざるを得ないと連絡がありました。在庫も少なくご迷惑をおかけします。

また、ずっと据え置いてきた牛乳も値上げをせざるを得ない、とのことで、あしたやでも一部値上げさせていただきます。大変申し訳ありませんが、どうぞご了承ください。

 

みんなの牛乳 1ℓパック・720mℓ瓶 定価380円(税込410円)        200mℓ(白・コーヒー)税込135円(据え置き価格)

ヨーグルト 500mℓ 281円

ドリンクヨーグルト 195円

関連記事

すべて表示

東毛酪農のロングセラー乳製品

健康な牛の原乳を63℃30分で低温殺菌し、脂肪球をすりつぶさないノンホモジナイズ牛乳作りのパイオニアにもなった勉強会からうまれた牛乳・乳製品を店頭に並べられることは、私たちが大切にしてきた“作り手に自分たちの思いを重ねる”に通じます。

美味しい新米の季節です!

今年の秋は暑さからいきなり気温が下がるなど、体調管理が大変でしたね。 自然界の気候変動・温暖化で作物の様子もこれまでとは変わってきた……と生産者の方の多くが話されていました。この夏の猛暑、米どころでも一等米が大きく減収した、とお米の異変についてもニュースで伝えられました。 今回はそのような状況の「お米」についてご案内します。 日本の食料自給率が38%という低さの中で、お米の自給率はほぼ100%で、

bottom of page