top of page

2016年 どうぞよろしくお願いします。

2015年、たくさんの出来事がありました。皆さまにはどのような1年でしたでしょうか。

あしたや共働企画の「地域で共に働く」ことを目指してオープンしたベルブ永山「はらっぱ」は18年、諏訪商店街の「あしたや」は16年、「あしたや みどり」は4年が経過しました。

店という社会に開かれた場でハンディがあってもなくても共に働いていきたい…という思いは、3つの働く場を実現させ、働く人も当初より大幅に増えました。

ここまでたどり着くことができたことは、買い物に来てくださるお客様はもとより、地域の多くの皆様にも様々な形で支えていただいた結果、と深く感謝しています。

2016年も幕開けとなります。環境の変化を始め、世界規模での社会的な不安も拭い去れません。そのような中でも、私たちの日々の暮らしは営々と続いていきます。

新しい年も、皆さまとつながり、より良い店になっていくことをめざし、スタッフ一同これからも力を合わせて地域で共に働き、より安心で美味しい商品を取りそろえ、皆様に「あって良かった…」と言っていただける店作りを心がけていきます。

行き届かない点も多々あるかと思いますが、これからも変わらずよろしくお願いいたします。皆さまにとってこの1年が良いお年となりように願っております。

NPO法人 あしたや共働企画

関連記事

すべて表示

月刊<食べもの通信>心と体と社会の健康を高める食生活

【本のご紹介】1970年創刊!食は命の原点。 食事を整えると、心も整う。知っておきたい食情報。 『食べもの通信』は、安全な食べものと、日本の食文化に根ざした健全な食生活と平和への願いから出発しました。「心と体と社会の健康を高める食生活」をモットーに読者の疑問に答え、ともに学び、暮らし方を問い直し、考えあう雑誌です。 多種多様な食品添加物、農薬の使用基準の緩和、ゲノム編集食品の解禁、化学物質や電磁波

震災からみえてきた私たちの暮らし

能登半島地震の被害にあわれた方々に心よりお見舞い申し上げます。 年の初めの元日、この日はご家族の皆さまも集まり心づくしのお料理も並んでいたのではないか……と思うとより一層この震災の深刻さが身につまされます。 今回は地形的に道路の寸断などでインフラも不十分、食料や水など生きていく上で欠かせないものの調達にも時間がかかっていました。農業や漁業など産地としての被害は未だ把握できていないようですが、これま

Comments


bottom of page