2016年 どうぞよろしくお願いします。

2015年、たくさんの出来事がありました。皆さまにはどのような1年でしたでしょうか。

あしたや共働企画の「地域で共に働く」ことを目指してオープンしたベルブ永山「はらっぱ」は18年、諏訪商店街の「あしたや」は16年、「あしたや みどり」は4年が経過しました。

店という社会に開かれた場でハンディがあってもなくても共に働いていきたい…という思いは、3つの働く場を実現させ、働く人も当初より大幅に増えました。

ここまでたどり着くことができたことは、買い物に来てくださるお客様はもとより、地域の多くの皆様にも様々な形で支えていただいた結果、と深く感謝しています。

2016年も幕開けとなります。環境の変化を始め、世界規模での社会的な不安も拭い去れません。そのような中でも、私たちの日々の暮らしは営々と続いていきます。

新しい年も、皆さまとつながり、より良い店になっていくことをめざし、スタッフ一同これからも力を合わせて地域で共に働き、より安心で美味しい商品を取りそろえ、皆様に「あって良かった…」と言っていただける店作りを心がけていきます。

行き届かない点も多々あるかと思いますが、これからも変わらずよろしくお願いいたします。皆さまにとってこの1年が良いお年となりように願っております。

NPO法人 あしたや共働企画

最新記事

すべて表示

先月号の「あーす」では日本の食料自給率や世界とのつながりについて書きました。 日本の自給率の低さ37%はなかなか改善される見通しはありません。 生きる上で欠かせない食べ物ですが、これからの世界的な気候変動による食糧危機なども懸念されている中で私たちに出来ることはあるのでしょうか。 最近、食品ロスの話題も多く報道されるようになりました。テレビの映像などで“もったいない!”と思われるニュースを目にする

新型コロナウイルスの蔓延もまだ続いているさなかに、世界で起きている思いもかけない厳しい状況を日々見せつけられています。 ウクライナの国旗は鮮やかな青と黄色です。ヨーロッパの穀倉地帯といわれる国らしく、青は青空、黄色は麦畑の色を表しているそうです。 世界で小麦の生産量1位はロシア、ウクライナは4位を占めています。遠い国のことのようですが、私たちの暮らしにもつながりは確実にあるのです。 最近は暮らしに

油の種類にはいろいろありますが、みなさまの家庭ではどのように使い分けていますでしょうか。 揚げ物、炒め物、サラダ、香りづけなど、台所にあって日々出番の多い油でもあります。最近ではカロリーの高さや片付けの大変さから、使うのを控える家庭も多いようです。が、油脂類は体内の中で様々な働きをして、人の健康維持にかかせないものでもあります。 油の主成分には大きく分けて「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の二種類が