2016年 どうぞよろしくお願いします。

2015年、たくさんの出来事がありました。皆さまにはどのような1年でしたでしょうか。

あしたや共働企画の「地域で共に働く」ことを目指してオープンしたベルブ永山「はらっぱ」は18年、諏訪商店街の「あしたや」は16年、「あしたや みどり」は4年が経過しました。

店という社会に開かれた場でハンディがあってもなくても共に働いていきたい…という思いは、3つの働く場を実現させ、働く人も当初より大幅に増えました。

ここまでたどり着くことができたことは、買い物に来てくださるお客様はもとより、地域の多くの皆様にも様々な形で支えていただいた結果、と深く感謝しています。

2016年も幕開けとなります。環境の変化を始め、世界規模での社会的な不安も拭い去れません。そのような中でも、私たちの日々の暮らしは営々と続いていきます。

新しい年も、皆さまとつながり、より良い店になっていくことをめざし、スタッフ一同これからも力を合わせて地域で共に働き、より安心で美味しい商品を取りそろえ、皆様に「あって良かった…」と言っていただける店作りを心がけていきます。

行き届かない点も多々あるかと思いますが、これからも変わらずよろしくお願いいたします。皆さまにとってこの1年が良いお年となりように願っております。

NPO法人 あしたや共働企画

最新記事

すべて表示

北海道士別イナゾーファームの赤く輝く中玉トマト

毎年、その季節になると入荷を心待ちにする農産品があります。 北海道士別で栽培されているイナゾーファームの中玉トマトもそのような商品です。 イナゾーファームとあしたやのつながりは、私たちらしい出会いの中で始まりました。 今から9年前に、北海道士別市多寄町の若き農業者、谷寿彰さんと引き合わせて下さった農家の方がいました。あしたやの長年のお客さまだと記憶にあるかもしれませんが、当時、美味しいカボチャと小

「発酵」ってどんなこと?

今の時代は体に良いことが特に大切にされますね。 昔からの知恵で発酵させた食品は日本だけでなく世界各地にあります。 明確な起源は定かではないようですが、発酵食品が生まれたのは、歴史上、食品を保存するためからだったともいわれています。 発酵とは「微生物の生命活動」のことです。微生物はでんぷん質やたんぱく質を餌として分解していきます。その中で人間が食べられるものを「発酵」とよび、そうでないものを腐敗と言