あしたやの大豆たち 節分の候に…

今年も早くも2月となりました。

2月3日は節分です。立春の前日、冬と春の変わり目が節分です。最近では豆まきをする家庭も減っているかもしれませんが、古来から邪気を払うと言われているので、今の時代にあっては改めて豆まきをして邪気を払いたい気分にもなりますね。


大豆は「畑の肉」とも言われ、体に必要なたんぱく質、脂質をたくさん含んだ栄養食品です。日本では弥生時代から栽培されて、様々な食品や調味料にも加工されてきました。身近な食べ物の中でも、味噌、醤油、豆腐や納豆、油揚げなど、私たちには欠かせない基本的な食品ですね。


今、残念ながら大豆の多くは輸入に頼っていますが、あしたやでは国産にこだわり、美味しさにこだわり、生産者と直につながる強みを生かして、店内には多くの大豆製品がたくさんあります。

 

煎り大豆 新潟県津南産 味付けなし。砂糖の甘みをつけたものあります。豆まきにも!

 在来種の「さといらず」無農薬・化学肥料を使わずに栽培されています。

きな粉 「まめっこくん」山形県産大豆から作られています。 

 庄内協同ファームでは農法にこだわり、香ばしくて自然の甘みが楽しめます。

大豆・納豆 山形県高畠町産 無農薬。納豆は月一回の入荷

豆腐・油揚げ・がんもどき類・納豆 日野市三河屋のこだわり大豆使用

味噌 ・信州小諸 おむすび味噌 ・大分下郷農協 米味噌・麦みそ

醤油 ・群馬県利根郡 みんなの醤油

●他にも白みそや高野豆腐など、大豆製品色々あります。

 

あしたや、はらっぱで、他にはない大豆商品の色々に出会って下さい。お待ちしています。


関連記事

すべて表示

現在、輸入された食品についてさまざまな問題の報道が続いています。 今の日本の食事情の反映ともいえる、この状況には考えさせられることが沢山あります。私たち自身気がつかないうちに多くの食べ物や家畜の飼料が外国に依存して輸入され続け、国内食料自給率はいまや40%を切るまでになっ...

今年ももう残りわずか、最後の月となりました。この時期になるとお豆を使う機会が多くなりますね。そこで今月はあしたやで扱っていて、とても美味しい…と好評の北海道士別にある杉野農園のお豆の紹介です。 先ず、生産者の杉野さんからのお便りの一節をご紹介します。...

新緑が美しい季節となりました。 いつの季節にも日本人の食卓に欠かせない、味噌、醤油、豆腐、納豆などの大豆食品ですが、最近では国内産の大豆を使った製品が激減しています。 日本の食料自給率の低下が懸念されて久しいですが、中でも大豆、トウモロコシ、大麦の国内における生産量が著しく...