おいしい国産お豆腐のススメ

寒さもやわらぎ、春の気配を感じますね。いつの季節にも日本人の食卓に欠かせない、味噌、醤油、豆腐、納豆などの大豆食品ですが、最近では国内産の大豆を使った製品が激減しています。日本の食料自給率の低下が懸念されて久しいですが、中でも大豆、トウモロコシ、大麦の国内における生産量が著しく低いのが現状です。日本古来の食べ物であっても、その原料のほとんどが外国産でまかなわれています。

あしたやで扱っている豆腐や納豆、あげ類などについては、その原料や作り方にこだわったものばかりです。日本人の体質にも合っていて、植物性たんぱく質が多く取れる大豆食品をこれからもおおいに食卓に取り入れてください。

とうふ処三河屋

毎週(火)(木) 13:30頃入荷

※第3(木)のみ定休日のため、翌(金)入荷。

とうふ(絹ごし・木綿)1丁230円

原料は遺伝子組み換えでない佐賀県産フクユタカ大豆100%、にがり100%。

消泡剤を使わずに作られた豆のコクが生きている本物の豆腐です。

油揚げ(2枚入り)160円

厚揚げ      160円

上記の豆腐製品を純国産100%の菜種油で揚げています。

がんも類は、銀杏入り、うずら入り、木の葉、きのこなど種類豊富です。

炙り揚げ 1枚140円

厚さは油揚げの1.5倍以上!?焼いても煮ても…食べ応え抜群!

いなり揚げ(10枚入り)350円

お稲荷さん用の揚げ。基本、予約販売です。小ぶりで、ひらいてあるので便利!

最新記事

すべて表示

寧楽共働学舎のベーコンとソーセージ

今月は北海道の大地が育んだ味、寧楽(ねいらく)のベーコンとソーセージをご紹介します。寧楽共働学舎は北海道留萌郡の自然豊かな所にあります。ドイツでソーセージ作りを学んだスタッフと共に、障がいがある無しに関わらず、豚を飼育する所から皆で丁寧に作っています!

新品種も続々、色んなりんご届きます!

夏休みもなんだか静かに終わり、あっという間に9月になってしまう気がします。 マスクの夏も2年目……まだまだ暑い日も続き、熱中症に気をつけるのはもちろんですが、涼しくなるころもいろんな疲れが出やすいと言われています。体調を崩さないよう気をつけたいところですね。 この季節は旬のくだものが楽しみです。夏から始まり、来春まで長い期間届くフルーツの多くは、長野県三水の「山下フルーツ農園」から届いています。主