鹿児島渡辺バークシャー牧場の黒豚

暑い夏がすぐそこまで来ています。今年も昨年のように猛暑・酷暑になるのでしょうか…。食欲も落ちて、ついさっぱりしたものに手が伸びますが、暑い時ほどスタミナをつける食材も必要だと思います。

あしたやで扱って以来、その美味しさから、今や店にとってなくてはならない商品が鹿児島渡辺バークシャー牧場の黒豚です。 「動植物は風土の産物」という基本的な考え方から、昔ながらの鼻ぺしゃバークシャー種の黒豚を健康に飼育しています。 豚肉の本物の美味しさは、健康であることを前提に、品種、系統、飼料、栄養の調整・発酵などすべての点でこだわった結果、産出されるのでしょう。

あしたやで好評の鹿児島黒豚の脂肪は、融点の低い不飽和脂肪酸の多いことがわかっています。そのため、いやな臭いがなく、舌触りのよい美味しい豚肉として、一度食べた方は必ずリピーターになって下さいます。 商品はすべて冷凍で、ひき肉や切り落とし、しゃぶしゃぶ用など、200gからブロックまで幅広い部位が揃っています。 まだお試しでない方は、ぜひ美味しい本物の鹿児島黒豚をお試しください!

夏の贈り物に鹿児島渡辺バークシャーのギフトセットを!! しゃぶしゃぶ・スライスなど組み合わせ・金額も各種セットあります。 鹿児島渡辺バークシャーの黒豚を使った肉巻きおにぎり “たまおにぎり”デビュー!! 7月から毎週月曜日に販売を始めます。 山形の無農薬米を可愛いたまに結び、黒豚をまいて特製のタレを絡めました。 新しい名物になりそうなたま(多摩・玉)おにぎりをたまには召し上がれ?! ※たまおにぎりと副菜の小さな組み合わせパックなど250円から各種あります。

最新記事

すべて表示

寧楽共働学舎のベーコンとソーセージ

今月は北海道の大地が育んだ味、寧楽(ねいらく)のベーコンとソーセージをご紹介します。寧楽共働学舎は北海道留萌郡の自然豊かな所にあります。ドイツでソーセージ作りを学んだスタッフと共に、障がいがある無しに関わらず、豚を飼育する所から皆で丁寧に作っています!

新品種も続々、色んなりんご届きます!

夏休みもなんだか静かに終わり、あっという間に9月になってしまう気がします。 マスクの夏も2年目……まだまだ暑い日も続き、熱中症に気をつけるのはもちろんですが、涼しくなるころもいろんな疲れが出やすいと言われています。体調を崩さないよう気をつけたいところですね。 この季節は旬のくだものが楽しみです。夏から始まり、来春まで長い期間届くフルーツの多くは、長野県三水の「山下フルーツ農園」から届いています。主